グリーン高田駅前クリニック

横浜市港北区 の グリーン高田駅前クリニック(内科,消化器内科,内分泌内科,漢方内科,外科,肛門外科)

〒223-0065 神奈川県横浜市港北区高田東三丁目1-8
TEL 045-544-1117
※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。
トップページ»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2

やっぱり大切なもの

今年の夏は天候不順ですが、朝夕蝉(セミ)の声が疲れた?心を癒してくれます。 ご存知の方も多いと思いますが、蝉は長年地中で過ごし、成虫になると長い間生きられません。よく3日から1週間程度と言われてますが、調べてみたら実際は1ヶ月程生きているのだそうです(こんなこと重要ではないのですが、それでも1週間の命が1ヶ月に延びたことは、私の中でとても嬉しいことなので書きました)。
読者の方には虫が苦手な方もおられると思いますが、以前のブログでも書きましたが、蝶と同じ、他者を攻撃する武器を持たない蝉は、私にとって子供の頃から大切な友達なのです。

ところで、昨日朝歩道の中央に蝉が仰向けになって落ちていました。傷跡がなく、蟻も寄っていません。まだ生きていると直感し、指で触ると元気に脚を動かします。両手で蝉をそっと包み、近くの梅の木に移しました。蝉は、もう飛ぶ力はないけれど、頑張って枝にしがみついていました。
今年の夏は不思議な年で、3週前にも同じ経験をしました(そのときは蝉はもっと弱っていたので、近くのローズマリーの葉のふかふかベッドに載せました)。さらにその1週前、庭のバケツの底に蝉の幼虫が落ちていた(何故でしょう)ので、梅の木にしがみつかせました。この幼虫は数日後梅の木を見たら、抜け殻が付いていました。

私が手を差し伸べた蝉は生きて1日でしょう。無駄な行為と思われる方も多いと思います。でも。。。
私のこの感覚は子供の頃から同じで、なんとなく悲しみ感が強く、いつか消えて無くなる(消えて欲しい)感覚と思っていました。
医師に成り立ての頃、生まれる命に興味を持ち、その分野に進もうと思うこともありましたが、病に苦しむ、時には私の力は無力でお看取りに至る患者様との出会いは、私を自然に方向転換させることになりました。
今年は高校時代の親友が癌で亡くなりました。突然で、葬儀にも参加できませんでした。今年くれた年賀状をこのパソコンの机の上に置いて、毎朝読み、声をかけています。

蝉の声が聞こえる季節は、先立たれた患者様との距離がとても近くなり、素直に心の中でお話しています。
ひょっとしたら、先ほどの蝉さんたちは、患者様たちかもしれませんね。。。
神様は信じていないのですが、こんな時はお願いする自分がいます。


 

2017-08-25 06:07:00

コメント(0)

素敵な詩

ネットで素敵な詩に出会いました。作者不明だそうですが、心の会話ができている、とても素敵な感性ですね。。。

花 (作者不詳)


花が咲いている
その花は
自分のことよりも
だれかのことを気にかけ
心配してあげている
 
花が咲いている
その花は
明るく笑いかけて
だれかのかなしみの
影をてらしてあげる
 
花はぼくに言った
だれかのためでなく
自分のために咲いていたい
そのことでまた花は
だれかを笑顔にした
 
花が見つめている
まっすぐに
高い空の先を
この広い広い地球を
満たしているものを
 
花がうたっている
しあわせに
たいせつな人のことを
自分の大好きな
海や空や風のことを
 
花は今日もゆれる
しなやかに身をまかせて
やさしく流れる「今日」に
そのことがまた花を
光でつつみこんだ
 
花のそばにいて
花に語りかける
花は応えてくれる
それでいい
それだけで
世界は
あしたにつながる
 

 
 

2016-10-06 04:53:05

コメント(0)

すてきな言葉

ご挨拶が遅れましたが、明けましておめでとうございます。今年に入り、インフルエンザが急増しています。インフルエンザは空気中に浮いている訳ではなく、ゴホンとした時に出る小さな痰について感染します。通常は2m離れていれば移りません。あまりビクビクする必要はありませんが、電車、バス、エレベータ内など人と接する場所ではマスクをつけた方が無難です。

さて、すてきな言葉をシェアしますね! 

名も無い草も実をつける。 いのちいっぱいの花を咲かせて。 (あいだ みつお)


ひとの命もまさに同じですね。。。誰しも、子供も若い人も、もちろん、ご老人も。
皆、神様から与えられた大切な、たいせつな宝物です。








 

2016-01-12 07:39:00

コメント(0)

その3

我が家の小庭で、今年も生まれました!
ジャコウアゲハと言います。 横浜には、まだ こんなきれいな蝶達がひっそりと生きています。

子供の頃から 他者を攻撃する武器を持たない蝶に心を強く引かれてきました。
私たちも皆そんな生き方ができたら、どんなにか心豊かになることでしょう。。。


呆れるかもしれませんが、私は蝶と会話ができるんです(笑)



2015-07-22 18:42:39

コメント(0)

その2

花の中心です。 
朝顔は 早朝に花を咲かせ、夕方にはしぼんでしまい、別名槿花(きんか)と呼ばれるように はかないイメージですが、だからこそ 咲いたばかりの朝顔は 朝日の中できらきらと輝き、とびきりの笑顔を見せてくれます。
こんなとき、私は心を透明にして、花の世界に入り込んでいきます(笑)


2015-07-22 18:41:03

コメント(0)

今年も会えたね その1

毎日暑いですね。皆さま、元気にお過ごしですか?
今年も朝顔が花を咲かせてくれました。 仙台から横浜に移り住んで16年になりますが、この朝顔はその時に一緒に連れて来たのです。20数年前、宮城の県北の病院に一人外科医として赴任したことがあるのですが、患者様のご家族が 私が花好きなのを知り、プレゼントしてくれました。 素朴だけれど 少し品があって、お気に入りの花の一つです。


2015-07-22 16:06:54

コメント(0)

赤バラの隣に咲いています

赤いバラの少し前に咲き始めます。 

これも1本の挿し木からです。   今年もよろしくね!



2015-05-15 01:21:00

コメント(0)

好きな詩

わらい  (金子みすず)

それはきれいなばらいろで、けしつぶよりかちいさくて、
こぼれてつちにおちたとき、ぱっと花火がはじけるように、
おおきな花がひらくのよ。

もしもなみだがこぼれるように、
こんなわらいがこぼれたら、
どんなに、どんなに、きれいでしょう


すてきな感性ですね。とても100年前に生まれた作品とは思えません。
ご無沙汰しておりました。 慌ただしい日々が続いています。
皆様はいかがお過ごしですか?
ミモザの花がきれいです!
地面から あちこち 草花の芽が顔をのぞかせ、見つけるたびに えがおになれます。


ミモザ




2015-03-17 02:49:57

コメント(0)   |  トラックバック (0)

1本のバラ

明けましておめでとうございます。皆様に、誰しもに幸多き年となりますように。

写真は、1本の挿し木から育てました。といっても技がある訳でなく、適当に水をやるだけで勝手に育ったのですが(汗)。

花って、たまに肥料は絶対必要なんですが、あまり手をかけるとかえってダメなんですよね。


2015-01-13 04:50:30

コメント(0)   |  トラックバック (0)

愛犬です

毎朝かなり寒いですね。インフルエンザだけでなく、高熱を伴うウイルス性風邪もはやっていますので、ご留意下さい。写真は我が家の愛犬です。キャバリエという犬種で、通常体重は7から8kgですが、13kgあります。毎朝散歩をせがみに、私の寝床を占領に来ます。吠えることが無く、いつもじっと黙って、見つめて訴えます。http://www.green-takata-cl.com/images/material/DSCN0020.jpg

2014-12-17 03:07:19

コメント(0)   |  トラックバック (0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2