グリーン高田駅前クリニック

横浜市港北区 の グリーン高田駅前クリニック(内科,消化器内科,内分泌内科,漢方内科,外科,肛門外科)

〒223-0065 神奈川県横浜市港北区高田東三丁目1-8
TEL 045-544-1117
※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

医師紹介

ご挨拶

 

初めまして。このホームページをご覧くださりお礼申し上げます。竹村正伸と申します。 ホームドクターとして、地域の皆さまに信頼していただけるクリニックを目指し平成26年12月に開業いたしました。自己紹介は苦手なのですが、このページを読まれた皆様と少しでも心のつながりが生まれる事を願い、少し詳しく記させていただきます。

近年専門医制度が重視され、これは当然喜ばしいことと思いますが、良医?が簡単に見つからなかったり、探し当てたとしても多忙だったり、必ずしも専門医=ご自分の良医とは限りません。良医の解釈は難しいと思いますが、最善の治療を望まれる患者様を的確に診断し、最善の治療ができる能力に優れた医師でしょうか。私はお世辞にもその域に達しておりませんし、専門医資格は殆ど持ち合わせておりませんが、良医となる努力は続けたいと常々願ってきました。客観的にみて臨床経験は豊富な方と思います。ただ持ち前の気性でしょうか、医師になって既に30年になろうとしていますが、若い頃の私は病気は何でも知りたい、知らなければ治療もできないと生意気にも本気で考え、今になって猛省しておりますが専門医資格取得には目もくれず、随分と回り道をしてきました。どの職業でも同じでしょうが、研修医時代はほぼ毎日病院に泊まり込み、気がついたらある年は年間通して2週間も帰宅していない年もありました(術後は患者様と隣のベッドによく寝ていました。嘘のようですが本当です)。最近研修医の過労が問題となっておりますが、その頃の私は毎日が楽しく、苦しいと感じたことは一度も無かったように記憶しています。多分楽しいスタッフに支えられ、恵まれていたのでしょう。

略歴を述べますと、1984年に東北大学医学部を卒業、外科医として研修を開始しました。大学では肝臓移植、腎臓移植医療に携わっておりました。東北大学にはユニークな研修システムがあり、東北6県に渡り、中心的に働く関連病院を多数かかえ、医師の交流が頻繁です。大学に長くいると診療する疾患が偏ることも多いのですがこのシステムにより豊富な症例経験が可能となり、難解な症例、未知の疾患に対しても柔軟な発想、治療法が生まれるのです。私も、消化器癌以外にも 肺癌、乳癌、甲状腺癌、血管手術等、各専門施設で多数経験致しました。2000年に仙台から横浜市に移り、鶴見区の汐田総合病院で外科医として癌治療、救急医療に重点をおいて診療にあたり、過去の経験を生かし、消化器(食道、胃大腸、肝臓、膵臓)にとどまらず、肛門疾患、肺癌、乳癌、甲状腺癌、末梢動脈硬化性疾患等も含め、幅広く治療を行って参りました。2008年末で汐田病院を退職後、某医院でホームドクターとしての経験を積み、この度縁あって高田の土地を選択した次第です。

専門医資格が少ない代わりに、病理は大学院を出ているので、病理の観点から見た疾患、とりわけ癌にはかなり詳しいと思います。若い頃先輩臨床医から病理学は古い?学問と言われた事がありますが、臨床医学の最も重要な土台の一つであることに現在も変わりはありません。他にも麻酔、血液透析、血漿交換等もかなり経験しています。

このように書くとバラバラの経歴で、本当に体系的な勉強をしてきたのと不安に思われるかもしれませんが、若いころから私が一体何を目指して来たのか、今思うと私にとって一番重要なのは当たり前の言い方かもしれませんが、患者様の苦しみの解放が全てで、そこに行き着くまでに総合的に診療を行うこともとても重要、そのために診療科の垣根は取り払うべきと当時から強く意識していのだと思います。専門医資格が無くても後悔はしておりませんが、各分野の医療の進歩も著しく、最近ではかなりの分野に追いついていない自分を認識しています。もっと努力し続けなければ行けないと自戒する毎日でもあります。

さて、毎週水曜日午後は休診をいただいておりますが、汐田病院で外来診療を継続しております(外来のみ)。
一つお伝えしたいことは、汐田病院在任中患者様が癌末期状態から不幸にして亡くなられた時はほぼ全例かけつけ、お看取りいたしました。誤解されると嫌なのですが、看取りが大変と言っているのではなく、病院からクリニックに場所を変えても、私がとりわけ重要と考えていることとして触れておきたいのです。患者様に最後のお別れはもちろん必要ですが、私の心に移り住ませるためです。私の心、指先に、いつも一緒に永遠に生きておられるのです。

その延長でしょうか。私は今でも寝ている時いろいろな患者様の顔が浮かんで来ます。その多くの方が励まし、時に弱気な私を叱咤してくださり、支えて下さることに感謝しております。その思いを次の患者様につなげたいと心から願います。

重ねて強調したいのですが、いつの時も、私を後押ししてくれるのは患者様の思いです。病気の重症度は関係ありません。風邪や一時的な体調不良も含め、縁があってお会いでき、少しでもお役に立てればそれが一番の喜びです。この思いは研修医時代から少しも変わりありませんし、患者様、ご家族のお言葉にむしろどれだけ励まされたことでしょう。



最後に、当院の特徴、目指す理念を下記に記します。



1)胃腸科、内科、内視鏡検査をメインとしますが、特に内科は幅広いジャンルに対応します。よろずや科と考え、お気軽にご相談ください。

2)診断、治療に関して、当院のみで無理に完結しようとしない。専門施設に紹介した方が良いと思われるときは、積極的にご紹介いたします。その時に疾患、患者様の住所に合わせて、私が最良と思われる病院をお勧め致します(このことはかなり重要と考えています)。
当院は、近隣の総合病院、専門施設と緊密な連携をとり、患者様が安心して、緊急時も含め最良の医療を受けられるよう努力します。

3)健診、予防医学にも力を入れます。最近人間ドッグも流行っていますが、結果を直接ご本人に説明することは殆どなく不親切なケースが目立ちます。予約になりますが、殆どの項目で検査可能です。
4)癌や外科系疾患の術後で体調不良、食欲不振、慢性疼痛がありお悩みの方、また、セカンドオピニオンのご相談を求められる方、お気軽にご相談ください

5)心身症などストレス過多で体調不良となるケースが増加しています。精神科、心療内科受診に抵抗のある方も歓迎致します。お気軽にご相談ください。専門医受診が必要と思われるときはもちろん紹介致します。
6)在宅診療もご相談ください

 

院長略歴

東北大学医学部 卒業(医学博士)
前・汐田総合病院 外科部長

 

所属学会・認定医

◇日本外科学会専門医
◇日本消化器学会認定医
◇麻酔科標榜医
◇乳癌マンモグラフィ読影医

★ 私は癌治療を専門にして参りました。癌の術後で病院が遠くお困りの方、セカンドオピニオン等相談を求めたい方はお気軽にお越しください。



 

スタッフ紹介

スタッフ一同いつでも笑顔を絶やさずに、皆様のご来院をお待ちしております。
ご不明な点がありましたら、遠慮なくお問い合わせください。